Skip to Main Content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

JPN302: Japanese III Class Projects: 乙一

乙一の作品

映画化された「手を握る泥棒の物語」のポスター

           

            

  

乙一 (1年生、2年生)

乙一(おついち)は日本で有名なSF作家です。1978年福岡で生まれました。「乙一」というのは使ったパソコンの名前から作ったペンネームで、本名は安達寛高(あだち ひろたか)と言います。17歳の時、「夏と花と私の死体」の作品でジャンプ小説ノンフィクション大賞を取りました。乙一さんの作品は二つのスタイルで有名です。暗くて残酷(ざんこく)なスタイルの代表作(だいひょうさく)は「きみしか聞こえない」という小説です。小さい感情(かんじょう)まで表(あらわ)して悲しいスタイルを代表するのは「GOTH:リストカット事件」です。映画にされた作品もあります。今映画の監督(かんとく)と脚本(きゃくほん)の仕事もしています。

乙一 (3年生、4年生)

乙一(おついち)は昭和53年(1978年)福岡県で生まれ、日本で有名なSF作家だ。本名は安達寛高(あだち ひろたか)という。「乙一」は学生時代愛用したパソコンの名前から付けたペンネームだ。1996年「夏と花と私の死体」という作品でジャンプ小説ノンフィクション大賞を受賞し、その当時はまだ17歳だった。乙一は「きみしか聞こえない」が代表するような残酷な雰囲気がある作品と「GOTH:リストカット事件」が代表するような切ない雰囲気がある作品のツ二つのスタイルで有名だ。2004年で、「手を握る泥棒の物語」など大好評作品が映画化されたから、映画の監督と脚本も担当している。

乙一