Skip to Main Content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

JPN302: Japanese III Class Projects: 森絵都

作品ー『カラフル」

森絵都についてー日本語1年生と2年生へ

森絵都は作者の名前です。森(もり)が名で、絵都(えと)は名前です。この作者(さくしゃ)は1969年に東京で生まれて、主に小説(しょうせつ)を書きます。子供のための教育について勉強する専門学校(せんもんがっこう)を卒業(そつぎょう)した森さんは1990年、『リズム』と言う小説でデビューしました。『リズム』を含(ふく)めて、森さんは主に子供たちの成長小説(せいちょうしょうせつ)を書きました。『宇宙のみなしご』や『アーモンド入りチョコレートのワルツ』、そして『カラフル』まで、この作者は色々な作品で有名なコンテストから賞(しょう)をもらいました。

この作者が三番目に書いた『風に舞いあがるビニールシート』と言う小説は大人(おとな)のために書いた本です。この作品は日本で一番有名な「直木賞」をもらったすばらしい作品です。いつも子供のストリーを書いて、彼女の文体(ぶんたい)は皆から暖かい(あたたかい)と言われています。

森絵都についてー日本語3年生と4年生へ

森絵都は女性で1969年に東京で生まれた。児童教育専門学校を卒業した彼女は児童の成長小説を多く書いた。1990年にデビュー作品として出した『リズム』は第31回講談社児童文学新人賞を受賞した。その後、また色々な賞を受賞した『宇宙のみなしご』などが彼女の代表作である。他の児童成長小説『カラフル』は映画にもなったことがある。彼女は大人に対する小説も三つ書いたがこの三つ全部大ヒットした。

一番有名な小説は『風に舞いあがるビニールシート』で第135回直木賞を受賞した。この小説は国際機構に勤めながら国際結婚をした夫婦の話だ。作者は児童文学か大人の文学かに関わらず、いつも人生の重さについて本を書いた。でも、彼女が書いた人物はいつも暖かい力を持っていると言われている。生気にあふれた文体が森絵都という作者の特長だと評価されている。

『風に舞いあがるビニールシート』

「直木賞」を受賞

「直木賞」を受賞

「直木賞」を受賞した森絵都さん(右の方)